2012キャンプ(その10~11)+Salmon

画像


キャンプもひと段落した9月はいつものごとく、オホーツクに通う一ヶ月。

画像
★まずまず、釣れました。

今年も遠来の知人宅に泊めていただき、釣り→食って→寝ての贅沢な繰り返し。
遅めの季節の進行に鮭の行動も遅め、終盤でも楽しめたようです。

そして、10月からキャンプ再開

画像
★脱スクリーン、虫もいないし。

画像
★どんぐり採取中

まずは息子の誕生日に由仁の「古山貯水池キャンプ場」、ここは札幌からも程近く、
お洒落キャンパーが集うとのことで、その雰囲気に期待して行ったのがハズレ。

指定されたサイトは炊事場、トイレの近くとあって夜通し人通りが途切れず落ち着かない。
お湯まで出ちゃう炊事場、寒くも無いのにお湯なんか使うな~、ボイラーうるさいし。
おまけに深夜までうごめく親子たち・・・道具は一流だけど、マナーは三流以下の連中多かった。

※ここ数年気になるのがキャンプ場での就寝時間、第一次(?)キャンプブームの20年強前、
夜の9時を過ぎればおおよそ、自分のサイトかテントの中でひそひそ話すのが普通だった。
でも今は平気で日付が変わってもガヤガヤ、そんで朝も早くからガヤガヤ。
キャンプ場選びも難しい。

画像
★この季節ならでは色彩、いいわ~

そして3週目の週末は「親父キャンプ」と言ったら洒落てるけど、「おっさんキャンプ」として、
すーさん、ゆっきーさんの3人で白老のポロトへ

画像
★完全自分の世界、奥はホットサンド工房

画像
★小さな灯油ストーブが大活躍、これ無しにこの時期は無理かも

特に何をするでもなく、ダラダラ過ごし、三者三様の食事をいただき、夜は雷鳴に驚き、
多数のどたばたもあり、楽しい時間。雪さえ積もらなければ、まだまだ行けるかも。

この記事へのコメント

kamo
2012年10月31日 16:27
なんかオシャレです。定置網から引きずり出したようなフレッシュサーモンも素敵です。
くり
2012年10月31日 21:39
Kamoさん
来季は一緒にいかがですか?きっと素敵族になれますよ。
ゆっきぃ
2012年11月06日 22:26
キャンプだと言うのに、一人は壁に向かいファーストフードのアルバイターの様に黙々と調理し、一人はとっても素敵な『iPhone 5』をいじり倒すとはけしからんですな。悪いのは後者ですけどね。
くり
2012年11月10日 11:20
かなり量産していましたよね!!
iPhone5ね~、何がいいのかね~

この記事へのトラックバック