徳富大学BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分inユスリカ

<<   作成日時 : 2010/06/13 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


すっかり忘れていた東京からの来客、札駅高架下の「モツ鍋」の名店にて自分はノンアルコールビールと、まさに生き地獄で潜り抜けた木曜の夜。強引に一次会で解散し、JRに揺られること1時間弱。大急ぎで荷物を車に積み込み江別西ICから一路、道東方面へ。

阿寒湖畔に到着、金曜日だからある程度の人出はあるのかな?と思って大島前Pへ行くが無人、無車。ちょっと意外な閑散ぶり。一人、湖畔に降りてみると、ガスのかかった凪凪湖面に静かぁ〜に広がるライズリング。む〜、これは難しい。ガスが晴れれば晴天ピーカン、モンカゲでも出ない限りは昼間も厳しそう。

悪い予想は当たるもので空は青く、気温もグングンあがり、ハッチも極小。時おりひやかしに数匹の小集団が来るものの長居はせず。やはり抜け駆けでいい思いを出来ないのは島牧と同じか。早々に見切りを付け、車内で昼寝やら、読書やらで時間をつぶす。しかしながら、久しぶりの一人旅なんで意外と新鮮で面白く、エアーベッドを敷き詰めた車内の快適さもあって、違った意味で満足のいく時間。しかし、頭の中ではこの暑さで期待するイブニングのユスリカが飛んいた。

途中、インレットでダブハンでも、と思い竿袋を開けるとそこには「すーさん」のロッドが・・・確かに竿袋は自分のと同じだけど。なんだか、「別れた彼女の家に私物を置いておく戦法」に思えてしまった。

いいだけ昼寝をしてのイブニング、目もバッチリ冴え、その時が訪れるのを刻一刻と待ちわびた。場所はボッケ、の中でも人気ポイント。しかしながらこちらも無人。これってYOSAKOI効果?
風は南東、やや強し。しかしながら太陽が地平線に沈む間近には嘘のような無風状態、その少し前から木々の周辺で「ワァ〜ン」とユスリカの羽音が聞こえ出し、水面に飛び交うユスリカ達。そして水面ににわかにざわめきだし、アメマスのクルージングライズが始まった。

無数に飛び交うユスリカ、もともと鼻腔が広い自分、容赦なくホールインしてくるユスリカ。いるわいるわ、アダルトを貪り食うアメマス達。でもフライが見えないのでひたすらピューパを超低速引き。ズズッ、ズズッと喰ってくる。静寂の中にアメマスの抵抗で発せられる飛沫音。約1時間のプライムタイム、フックはひん曲がり、ボロボロになったフライを巻き取って本日終了。
大急ぎで着替え「奈辺久」に向かうが閉店時間が早かったようで、本日閉店。仕方なくローソンの観光客の視線を浴びつつ、一人寂しく夕食を摂った。

翌日はミスターと名寄のK先輩が合流、自分は昨日からの疲れもあり、遅めに起床しボッケに向かう。早朝の高活性時間を逃したこともあり、早々に切り上げ二度寝にふける。昼前にムックリと起き、ミスターとともに阿寒川へ。

☆私が進呈したフライでミスターのヒット!!ふふっ・・・
画像


今年初の渓流。ひんやりとした川で水気持ちいいのは当然、。カディスが水面を激しく飛びまくる。
中くらいの流れ込みには虹鱒が数匹定位し、50クラスがライズを繰り返している。#14のCDCカディスで反応するが、釣っても釣ってもライズは止まなく、鰭の再生した魚、そうではない魚、入り混じりではあるがそれはそれとして、ドラグがかかると出ないし、渓景はNZ北島みたいで、なかなか楽しい阿寒川だった。

☆食べ方は一丁前
画像


昼食は昨日の無念を晴らすべく、「奈辺久」にて「ワカサギ天丼(ご飯少な目)」を食べ、夕刻前に昨日のボッケへ。
湖畔沿いの木陰から覗くと先着の名寄のK先輩は既に竿を曲げていた。フライはユスリカアダルト、しかしながら手持ちが無いので普通の黒のパラシュートを投じたらあっけなく釣れてしまった。

☆名寄K先輩にっこり&リリース
画像

画像


その後、ピューパを引いてみたらガツンッとひったくるような当たり。底へ底へと潜行する魚、糸の細もありやや慎重なやりとりの末、ネットインしたのは丸々と太った黄金ボデー。この1匹で満足。

☆夕陽に染まる黄金ボデー
画像


画像


さらに夕暮れ迫る頃、今日もプライムタイムの始まりであった。昨日みたく鼻栓が必要なほどのユスリカの飛行ではないものの、やはり凪と同時にアメマスが入ってきた。定位してのライズ、刺激的な光景。神出鬼没でライズも激しいモンカゲよりも、自分はこっちの方が好きかもしれない。

先週から続いているユスリカも今週で終わりかな。そして川シーズン突入?


☆千本タイマツ マリモの護り火
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜腹立たしいほどの演じっぷり&現地からの定期報告お疲れ様でした。湖と川で主役を演じたとの事、ご報告を頂いておりましたが、この様な長文&画像で確認すると腹立たしさも倍増です。キャッキャしてたんでしょ?目に浮かびます。
こちらは、磯の相棒竿を道東の山上湖に連れ去られ、鱗付きラインバスケットも手元には無く、泣く泣く、増水した川を視察に行って来たのみでございます。私は今期、まだ「そば+ワカ丼ハーフ」を食べて無いので、それだけでも消化しないと気が済みません。
すー
2010/06/14 01:21
すー様
いやはや、お気持ち、穏やかではないようで狙い通りの展開です。
「2010テーマ:粘ってドラマで笑顔で帰宅(NDEK)」を早くも実践することができ、やはりここは数cm単位までの計測と、何匹かきっちりと数えるくらいの芸の細かさも必要であったのではないか、と思い返しております。

磯の相棒も我が家で主をお待ちしておりますので、お近くにお越しの際はお立ち寄り願います。バスケットはクリーニングしましたので、鱗の付着はございません。

「そば+ワカ丼ハーフ」なんて言わずに、「天そば(レギュラー)+ワカ丼(レギュラー)」にてお願いします。
くり
2010/06/14 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文

写真集

自分inユスリカ 徳富大学BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる