徳富大学BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS あかん・・・

<<   作成日時 : 2010/06/06 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


あかん=阿寒

ユスリカの釣りを期待しての、今年初めての真水での釣り。目指すは阿寒湖。
フライは去年までの残り物・・・事前に現地インのトーシローさん話では寒いとのこと。これで風があったらダメかな・・・

そんなネガティブな思いもすっかり忘れ、すーさんとの高速談義運転。

高速の恩恵に授かるものの、景色の見えない夜の高速ほど退屈なものは無い。しかもそろそろ20万キロの愛車はあらゆるところに問題があって、FunToDRIVEともいかないし。これで一人だったらかなり退屈だろうなぁ

現地到着、ミスターは車中で正立したまま横になったかのように姿勢正しく、しかも車内布団のきっちりセンターに寝ている。さすが完全主義者。そんなミスターが心配し、かつ、あらゆる方面に伝達された「私が最近釣りに行かないのは、ストッキングタイプのネオプレーンウェダーがきつくかって履けないからだ」話に当の本人である私も正直、実際に足を通すまでは心配であった。
「あれ?普通に履けるしょ!!」、インナーをタイツ一枚にしたから履けるだけなのに、苦し紛れの余裕発言にて装備完了。その横ですーさんも同モデルのウェダーを履くが、そのシルエットがなんとも卑猥であった。

早速、遊歩道を歩いて大好きなボッケエリアへ・・・唯一のライズをすーさんと共に挑むが何ら反応なし。

次は大島付近へポイント移動。ここは比較的早めにモンカゲロウの出るエリア。数年前の6月初頭にフローティングニンフにバコンッと黄金アメマスが出てくれた思い出の場所。

画像


遠目に見てもラインズリングが広がっている岬の先端へ、抜き足差し足でにじみ寄るが「ふふ深い・・・」。芦に身を潜めようプランを諦め、芦越しに投射開始。

投げる→遠ざかる(もしくは別場所でライズ)、休ませる→ライズ再開、そして投げては遠ざかるを繰り返し、程よく長距離投射したソフトハックルにズズンと来ました。あっけなく寄って来た割には至近距離から激しく抵抗開始、足元を猛スピードで横切ったレッドバンド。「おおっ!!虹鱒〜」、阿寒の虹鱒、しばらく釣っていない・・・嬉しい。しかもデカイ。

ほぼつま先立ちに等しい場所だったので浅場に誘導しようとしたのが大間違い。「♪走り出したら止まらないぜ、土曜の夜の天使さ♪うなる直管闇夜を裂き、朝まで全開アクセルオン♪」、猛ダッシュですぐ沖の水草に突進・・・リールはバッククラッシュし、あっという間にラインブレイク。

これが本日の呪いの始まりでありました。

その直後、ミスターからの打電。「モンカゲ注意報発令中〜」、やや放心状態のまま数百メートル離れてミスターのもとへ。そこには「阿寒鬼」と呼んでいいのか、トーシローさんも岸際で観戦中。結果を出す男、ミスター。黄金アメマスをなんなく釣り上げ、余裕のひと時。

画像


その後ミスターは別場所に移動。遅れてきたすーさんと共に各種フライを投じるものの、すでに終演した模様。不眠の疲れもあるため、車中にて撃沈し夕刻前に再開。ニンフで二発空振り。やや呪われている。

今年のテーマは一言「ネバリ」、島牧でも周囲に感心されるほどのネバリを見せた自分。ウェダーがきつくて皮膚呼吸もままならく、極限までのフィットにより空気の層も出来るわけが無く、内部は結露でグチョグチョ状態。しかし、今年のテーマは「ネバリ!!」

その甲斐あってかどうか、超スローに引くニンフにドスンとした感触。「これは来ちゃったよ〜」、「♪離しぃ〜たくはないぃ〜♪(T-BLAN)」と今回は慎重にと思ってじっくり岸際への誘導中、突然のフックアウト。これはもう、タコの呪いとしか考えられん!!

夕刻迫る頃にようやく1匹・・・そしてイブニングに突入。風が止みつつある中、すーさんに待望のヒット!「!オレの無念を晴らしてくれ、タコ以外の呪いはあるかもしれないけど・・・」、やはり二人は呪われていました。すーさんまでもがフックアウト。

そして辺りが薄暗くなる頃、それまでの風はスッと止み、眼前にはユスリカが飛び交い、湖面にはクルージングするアメマスの幾多のライズリング、テンションMAX!!
アダルトを投射しても見えないので#10のソフトハックルのリトリーブ。ラインにアメマスが触れるほどの集結ぶり。昼間あんなに静かだったのに。ほどなくしてグィーンとフライが持っていかれました。小ぶりながらも元気な魚でした。

画像


何にせよ、今日はすっかりやられてしまいました。次回は行くかどうか半々だったのですが、本日車中泊仕様に。
そして次回への布石のためのMTK(身を挺しての家族サービス)のオンパレード、早朝帰宅しただけに、若干目眩しながらも巻きました。

それと、車内整理中に忘れ物発見、オービスのラインバスケット、しかもサクラマスと思わしき鱗が付着しておりました。これはアテツケと解釈させていただきます。


【本日のことわざ】ディープウェーディング、百害あって一利なし。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜お疲れ様でした。
どんな状況にも対応するべく、わざわざ鱗の付いたラインバスケットまでも持ち込んだのに。
呪いの連鎖は恐ろしいですね。

お互い無事にネオプレーンウェーダーが履けたことに安心して互いを否定する言動の見苦しさは他の人に見られなかったのが幸いです。くり様もなかなかどうして卑猥を通り越して表現に窮するシルエットでした♪

それにしても困るなぁ〜想定外のネバリを見せられちゃうのは〜調子狂うなぁ〜
すー
2010/06/07 21:02
お疲れさんでした。
タコから発展した各種呪い、しばらく脱することはできないかもしれません。
鱗も瞬間で接着しているかのごとく、張り付いている様子にこれは何か言いたいことがあるのだなと、察知しました。

卑猥なシルエット、湖畔を歩き回るのは騒動になりますので、控えめにお願いします。

見ましたか?!私の驚異のネバリ!!今年のネバリは想定内です。まだまだ私のネバリ腰は始まったばかりです。木陰で昼寝をする感覚は、今の私は持ち合わせておりません。
くり
2010/06/07 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文

写真集

あかん・・・ 徳富大学BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる